奉仕の1日

日記に共感頂けたら、シェアして頂けると嬉しいです。

6時に起床。起床というか、母の目覚ましの音で同時に起こされる。

朝食にジャムパンとコーヒーを食す。食後にぶどうを一粒いただく。

実家には果物が沢山あった。名前の分からないオレンジのようなものやら、高そうなブドウやら。僕が帰省すると知って叔父が買ってきてくれたのだろうか?

しかし僕は果物がそこまで好きではない。好きな部類だが、少し食べたら満足してしまうタイプである。というか加齢と共にあまり食べられなくなったというべきか。

今日は朝からずっと忙しかった。

朝は、母のiphone6 plusが丁度2年を迎えたこともあって、乗り換えるべきか格安SIMに乗り換えるべきかを散歩をしながら色々と考えていた。

結果として格安SIM(IIJ)に乗り換えるかーってことになって、10時半頃に近所のビックカメラへ行って契約しようとするも、店員から「この地域はIIJめちゃくちゃ遅いですよ。昼と夕方なんて全く使えません。それでもよければ構いませんが…」などと、ずっと否定するような事を言われた。

随分大げさに言うもんだから、格安SIMというものを詳しく知らぬ母は完全に真に受けてしまい、やっぱり辞めようということになって一旦退散することに。

あんなに必至に「辞めたほうがいいですよ」と遠回しに説得してくる店員は久しぶりに見たのだが、多分、格安SIMは安かろう悪かろうという事実を知らずに安さに負けて契約してしまった情報弱者からのクレームが多いからなのだろうと思った。

色々と店鋪を見て回っていたら、ケーズデンキのauコーナーでぷちキャンペーンをやっていて、乗り換え割が2万円分、さらにiphone下取りで2万円分割引なるものをやっていた。

なんと月額5,900円程度で最新機種のiphone7 plusが持てるらしい。

現在の月額が7,500円くらいかかっていたので、1,600円も割引がきいて、かつ使える容量が増え(2GB→3GB)、さらに最新機種のiphone7 plusが貰えるというのに飛びつき、契約してきた。

ついでに電力会社もauに乗り換え、電気代の5%がキャッシュバックされるようになった。

契約終了までなんだかんだで5時間もかかってしまい、店員の話とか色々聞いていたせいで僕も母も凄まじく疲労してしまったが、得られるものはそれなりにあったかなと思う。

まぁそこまでは良かったのだが、実家にはネット回線がつながっておらず、当然のごとくパソコンもないため、バックアップからの戻し作業に難義した。

初めは僕のスマホからテザリングすりゃバックアップから戻せるだろうと思ったのだが、テザリングだと何度やってもうまくいかず、埒が明かなかったのでセブンイレブンまで行ってフリーWifiを使うことにしたのだ。

セブンでコーヒーを何度も買うくらい粘り、3杯ほど飲み終えた頃、全てのデータをi cloudから復元することに成功し、無事にこれまでと同環境で使えるようになり、母は満足げであった。

しかしまぁ、やっぱ母の世代は支援無しでiphoneを使うのは敷居が高すぎるね。

僕らのような若い世代は周りがみんな使ってるからわからないことがあったら助け合えたり、パソコンを使っていたら「ネットで検索して解決策を調べる」というスキルも自然と身についているものだけど、60代70代はそれが出来ないからね。環境がきつい。

apple IDやらi cloudのIDやらGoogleアカウントやら楽天やらなんやらと、IDもPASSもありすぎて大変だよね。だから息子の僕が全て管理している。

端末のパスワードも含めて全て。面倒くさいが、面倒くさいなどと言って突き放してしまうと孤立してしまうので、そこは見返りを求めずに助けてあげないといけないなと思う。

今日は母の為に一日を費やして終わってしまった感じだ。まぁたまにだから別にいいんだけど。

というかこれまでに幾度となく無性の奉仕を受けていたのだから、これからは出来るだけ恩返しをしていかねばな。


iphoneの設定に疲れ、「1人にしてほしい」と母に言って隅っこの部屋でゴロンと昼寝をしていたら、今度は弟夫妻がやってきた。

姪っ子は僕を見るなり「アンパンマン!!」と笑顔で喋りかけてくる。中々かわいい。

僕が両腕をグネグネしながら全身を震わせるという不気味な踊りをすると、とても喜んで逃げる。踊りを辞めると「もっかいやって!」とおねだりし、また不気味な踊りをすると笑いながら逃げる。無邪気でかわいい。

弟夫妻は近々二人目の子供が生まれることもあってか、家を建てることが決まったようだ。

まぁお祝いということで僕からは大きなテレビをプレゼントする、ということにした。20万か30万かわからぬが、まぁプレゼントしてやろうじゃないか。

それと叔父にも買ってあげねばならぬ。今年も出費が激しい年になるかもしれない。

夜ご飯は天ぷらうどん。激旨だった。

他にやったこととして、早いけど母の日のプレゼントを注文した。まぁそれは明日届くので明日の日記に書くか。実用性重視で選んだよ。

思うに、母の日だからとド定番のカーネーションを送るってのはどうなのかなと思ってしまうんだよね。由来を調べてもピンとこねーしよ。

しかしまぁ今日は疲れた。自分の時間がほとんどなく、奉仕の1日になってしまった。

「誰かの為に生きる」

という擬似的な1日だったかもしれないね。

毎日だったらアレだけど、たまになら心の充足にも良いかもしれない。

自分の為だけに生きるなんてのはなんとも虚しいからね。

スポンサーリンク

日記に共感頂けたら、シェアして頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク