ぼっちご飯のほうが良いよ

日記に共感頂けたら、シェアして頂けると嬉しいです。

ある先輩にお昼ご飯を誘ってもらったのだが、会社の昼食は基本的に1人でゆっくりしたいタイプなので、お断りさせてもらった。

お断りしたというか、「すいません!お客さんに送るメールがありまして!^^;」と、気を使った嘘をついておいた。まぁこれ使うの連続で2回目だから嘘だとバレたかもしれんが…。

昼はさ、1人でスマホを弄りながら30分程度でご飯食べて、残りの30分でコンビニのアイスコーヒーを片手に20分くらい外を散歩して残りの10分をトイレで唸ったり歯磨きをする…っていうのが最近の僕の王道コースなんだよ。これを邪魔されたくなくてね。

友人とのご飯は楽しいものだけど、利害関係がある同士だと僕の大嫌いかつ苦手な気遣いをしなければならないのがどうにも嫌なんだ。

人間によってはボッチ飯が恥ずかしいのかトイレでご飯を食べるなどと、意味不明な行動を取る個体もいるようだが、基本的にはボッチ飯こそ至高だと思うんだよなぁ。まぁ休日もずっと1人ってのは寂しいけど。

そんなわけで今日の昼ごはんはコンビニで買ったビックフランクフルト、シーチキンパン、卵パン、飲むヨーグルト。食後にホットコーヒーであった。クソ飯も良いところだな。


仕事が増えた。業務月報とかいうクソどうでもいい仕事。

別に書くのは良いんだけど、期限を決められているのが非常に面倒くさい。

期限があると常に頭の片隅に業務月報を置いておかねばならないからである。

僕はまじ期限を守るってのがすごく苦手。待ち合わせ時間に遅れないってのも苦手だし。時間が決まっているのが本当ダメ。

なので上司に電話して「無理っていうか厳しいっす。期限は守れませんので、1週間くらいの猶予をください」と言ったら、「だらごろく~ん、忙しいのはわかる、本当申し訳ない、わかるんだよ、忙しいの。でも、都合でどうしても必要なんだよ。残業つけても良いから協力してほしいんだよ。」と、優しく諭された。

多くの人間は社畜なので、だいたい上司の言うことは縦に振るものだと思うが、僕はもう出世など全く気にしていないので、嫌なことは嫌と言うようにしているが、腰の低い上司だとあまり物を言うのは申し訳なくなってしまうので、とりあえず提出するのは了承しておいた。

が、やっぱり期限を守るってのは僕にとっては相当厳しい物事なので、そこは数日間猶予を得たのであった。ああ…めんどくせぇ…。

つーか提出物多すぎてまじめんどくせぇ!なんなんだ!!学校かここわ!?めんどっぴーーーーーーー!!

はぁ…。

夜ご飯は適当。

あと2日行けば休み。何すッピかな。ぴっぴっぴーっと。

スポンサーリンク

日記に共感頂けたら、シェアして頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク