タイ旅行2日目・夜遊び

今日は3人の女性と遊んでしまった…。ものすごく疲れた。

それにもかかわらず大して記憶にも残っていないのだから、少し虚しさを感じることもある。

結局、好きな異性以外とのアレなんて、欲求を満たすためだけに必要なちょっとした運動みたいなものだと思う。

特別な感情なんて全く宿らない。その時だけの関係。まぁそういうものなんだろう。

21:00頃にテーメーカフェへと向かう。

カウンターで110バーツ(約330円)のハイネケンを200バーツ使って注文するも、お釣り90バーツを返してくれない。

英語で「お釣りをくれ」と言おうとするも「please money」くらいしか浮かばなかったので、目で訴えること1分、「ポップコーン!」と言われてそれを持たされ、20バーツのポップコーンで手を打てや!みたいな感じでジェスチャーされた。

70バーツ(210円)の損やんけ!!と思いつつ、早く女性と話がしたくて仕方がなかったので、そうそうに諦めた。210円のために争う気力等ない。

店内を見渡すと、パッと見20才〜40才くらいの女性が30人くらいいた。

日本の綺麗な女子大生みたいなめちゃくちゃ可愛い子もいるように遠目からは感じた。

店内は薄暗すぎて、女性のレベルが2段階くらい引き上がっていたことに後々気づくことになるわけだが…。

5分くらい過ぎた頃、近くにいた女性にとりあえず声をかけてみることにする。

おもいっきり日本語で「こんちわ〜」って言って。

テーメーカフェは日本人がよく利用するので、片言でも日本語の出来る女性が多いのが特徴なのである。僕が行った時も客層の半分以上は日本人だった。

話しかけた子は日中は化粧品販売をしているという25才。顔は嵐の松潤にそっくりだった。

人によってはここで話し込むらしいけど、僕は別に女性と話がしたいとか恋愛がしたいとかそういうわけじゃなく、単に本能を満たしたいだけなので、会って3分で相手の言い値で即決し、松潤と僕のホテルに向かった。若くてスタイルが良くて顔が普通以上なら誰でも良かった。

手を繋いでホテルに向かってる時に「恥ずかしい?」って言われたけど、全然恥ずかしくないと答えた。

英語も出来ないのに一人でタイに来て、初めて訪れたテーメーカフェで若い女の子に一人で話しかけるような僕が今更恥ずかしさ等感じるわけがない!

ちなみに女の子と手を繋いでカフェから出て行くと、そういう光景を見たがっているのか野次馬みたいな日本人が何人かいた。まぁ何にも感じないけど。

タクシーを使ってホテルに着いた頃(ちなみにタクシー代は相場の2倍取られた)、女性の顔が違うことに気づく。

薄暗いところから一気に明るい僕の部屋に来たからなんだろうけど、薄暗い店内での化粧顔と、明るいところでの化粧顔の差に驚いてしまった…。

スッピンはすごいことになりそうだな…。

事務的かつ蛋白な感じで遊び、40分くらいで女性は帰っていった。名も知らぬ女性。いや、名は聞いたけど一晩で記憶から抹消された、というのが正しいか。

本能を満たせるかと言えば満たせるが、少しばかり虚しさを覚えたのは正直なところだ。

この後1時間くらい少し憂鬱な気分になっていた。

IMG_20160527_231619

テンションは下がっていたが、2時間もすれば元気が戻ったので、レッドブルを飲んで再度夜の街へ出向く。

タイに来たら1回は行ってみたいゴーゴーバーへ向かった!

ゴーゴーバーとはエロい格好をした女性が舞台の上で踊ってるナイトバーのこと。気に入った子がいたら席に呼んで一緒にお酒を飲んだり、ペイバー(連れ出し)して遊ぶことも出来ちゃうのである。日本人好みの女性も結構いる。モデルみたいな子も中にはいた。

ここは…衝撃の場所であった。

目が点になって、ぼえーっとしてしまった…。

藤崎奈々子っぽい女の子がいたのでずっと見てたら微笑んでくれたので、座ってた席に付けて一緒にお酒を飲む。日本語は少し出来る子だった。

てかかわいい!!元々ウェイターをしていた25才の子らしい。絶対いい子に違いない!!

3分くらい話したら「ペイバー(連れ出し)して!」って言われたので、迷わず即OKしてしまった。人によってはすぐに連れ出しを希望する子は微妙って言うらしいけど、僕のような初心者にはある意味楽でありがたいと思う。

ペイバー代としてお店に600バーツ(約1900円)、女の子に3000バーツ(約9600円)、ドリンク代がたしか1,000円くらい、合計で13,000円くらい払った気がする。他タクシー代とか。

私服に着替えた女の子とタクシーで僕のホテルへ向かう。

僕のホテルについた時に再度気づくことになるが、女性は薄暗くて照明のあるところにいる時は綺麗さが1〜2段階引き上げられているなと改めて思った。

ステージにいるときはめちゃくちゃ藤崎奈々子に似てたのに!とは言え全然可愛いので何の問題もなかったけど。

この日3人目だったけど、僕はまだ若いし、亜鉛も飲んでいるので何の問題もなかった。さすがに終わったあとは腰がガクンッ!ってなって精魂尽き果てた、みたいな感じになったけど…。

藤崎奈々子が帰ったあと、部屋に備え付けの電話が鳴る。

ホテルでしてたから苦情かな!?なんて思ってビクビクしながらハローって出たら、相手は藤崎奈々子だった。

シーユーだって…全くもう(*´Д`*)

…そんなこんなで長い夜を終えたのであった。

タマタマが痛かったので亜鉛とマカ飲んでぐっすり寝ておいた。僕もまだまだ若いなと思った。

日記に共感頂けたら、シェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

関連記事