BtoBでも論理のおかしな事を言う人間っているもんだな

微妙に体調が悪い。風邪の前兆のようなクシャミを連発。もしかしたら花粉症なのかもしれないが。

仕事では数年ぶりくらいに意味の分からないクレームが来た。

ビジネス to カスタマー(コンビニとか)の場合、頭のおかしな人間が来るのはある意味しょうがないけれど、ビジネス to ビジネス(会社と会社との取引)の場合は社会人同士での話になるので一定の秩序が成り立つわけだが、それでもたまに論理の通じない人がいたりする。

IQが低すぎるのかモラルが低すぎるのかは正直わからないのだが、本当に理解の出来ないことを言う人がいて困ることがある。それが昨日起きた。

例えるなら、実際に買った品が32インチのテレビだったのに、「やっぱり32インチじゃ不満だ!差額無しで40インチにとりかえろ!」…という、論理の通らないアホな主張をしてきたバカがいたのである。

一応その顧客とは会社としては長い付き合いのようだったので、妥協点として「差額を払うなら今回に限って交換しますよ。次はないですよ。」的なところを提案したのだが、「じゃあお宅の会社からは二度と取引しない!」…と言ってきたのである。

内心は買わなくて良いよ、二度と連絡してこないでね、と言って着信拒否したいところであったのだが、それなりの金額の取引がある顧客だったからか、会社は頭を悩ませていた。

まぁもう僕の手を離れたのでどうでもいいけれど、頭のおかしなやつってB to Bでもやっぱりいるんだよな。

先日ipad proを契約しにauショップに行ったけど、ああいう接客業はとても辛いなーと改めて思ったり。

BtoCの場合は今回の会社での出来事のように論理のおかしな事を言う客は後を絶たないだろうしさ。

終業間際、今度はその頭のおかしな顧客担当の営業的な人から僕にクレームの電話が入った。

言い分を聞くと「あなたの対応した内容は正しいけれど、もう少し柔軟に対応してください!」だなどという、具体性のない宙に浮いたはっきりしない事を言われたので、何も言わずに電話を切った。

今日はアホの対応をして疲れた。体調悪いのに…。

夜ご飯は適当。

頭のおかしな客や社内の人間の応対で疲れたが、それとは別に職場の人から話かけられることが増えて良い感じだ。

しかしまぁ信頼を得るのは時間がかかるのう。

スポンサーリンク

日記に共感頂けたら、シェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

関連記事


スポンサーリンク