仕事だけのクリスマス

めり~ くりすます~

今年のクリスマスは何一つクリスマスらしいことをすることはなかった。

昨日も書いたが、別に僕はクリスチャンでもないわけで、特別なことをしなくちゃならない理由など何もないのだけど、日本人の大半はクリスマスムードで盛り上がっているわけで、それに乗っかれないのは、なんだか少し虚しさを覚えることもある。

子供の頃は「クリスマスだよドラえもん」を見ながら家族で鶏肉を食べ、そしてアルコール入りだかアルコール無しだか忘れたがシャンパンを飲みながらケーキをたらふく食べ、叔父とじいちゃんに買ってもらうクリスマスプレゼントが物凄く楽しみだった。

クリスマスになる度に「昔はそういう楽しみがあってよかったな」と思う。

今は何の楽しみもない。

クリスマスが終わりを迎える頃に年末なんだなという感覚を少し覚えるが、昔感じたワクワク感よりも、今は不安のほうが感じるかもしれない。

年が明ければまた歳が重なる。来年には35歳である。歳を重ねるのが今は怖い。僕には年齢分の積み重ねが人よりも少ない気がして。そしてのしかかる結婚の重み。

色々と、僕には時間がない。

来年は今年よりも思い悩むことの多い年になるのではないか。

現実的に35歳を超えたらもう結婚は無理だろう。女性ばかりが色々と言われるけど、男も30後半になれば魅力なんて大分薄れるしよ。

乾杯。

今日は何をしていたか。仕事だよ。なんか忙しくて、稼働率80%か90%くらいあった。ずーっと何かしらやってたって感じだ。まぁ僕は暇よりもある程度忙しいほうが良いんだけど。

スケートの本田真凜ちゃん可愛いなあ!なんて、お酒を飲みながら色々と画像検索したり、格闘ゲームの動画をYOUTUBEで見てたりしてたら夜中の1時を回ったのでそのまま寝た。

本田真凜ちゃんをぽけーっと眺めていたら、いつのまにかクリスマスは終わっていたのであった。

相変わらずのクリスマスだったな。

スポンサーリンク

日記に共感頂けたら、シェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

関連記事


スポンサーリンク