富士山のみえる河口湖へ小旅行してきた

富士山が見える河口湖へ一泊二日で小旅行に行ってきた。

河口湖までは新宿のバスタから高速バスが出ていて、片道わずか2時間で到着した。お値段もわずか2000円なり。やっす!ちっかっ!

すぐ到着。

正直、とりあえず富士山を見るってことになって、なんか河口湖らへんがいいよってことくらいしかわからなかったので何も調べていなかったのだけど、すぐ目の前に有名な富士急ハイランドがあって驚いた。

なるほど、富士急ハイランドって富士山のすぐ近くにあるんだなって思った。

っていうか、富士山って何県にあるのかすら、正直知らんかった。山梨なのか静岡なのかよくわからんところに富士山はあるらしい。

富士山のある県を調べたけど、1日経って日記を書いている今、すでに記憶にないので、どうやらどうでもよいことなんだと僕の脳は判断したらしい。

河口湖駅から見える富士山。

こんな近くで富士山を見たことなんてなかったのでちょっと感激。

富士山って特徴的な形をしているよな。デローンって長くて、上半分が雪で真っ白で。

なんか富士山のことよくわからなくても富士山の絵だけは誰でも簡単に描けるもんな。

特徴的だけどなんかいいよな、富士山。

まずはホテルへ。

到着は15:00ごろだっけ。

この時間になるまでガムと飲むヨーグルトしか口にしていなかったので、コンビニで買った美味しいスープと頂き物のおいなりさんを食って腹ごしらえした。

そういえば最近あんまりご飯食べてないからか体重がどんどん落ちていき、65kgになってた。

腹ごしらえが済んだ後はバスに乗って富士山がよく見えるスポットへと足を運んだ。

どんっ。

なんか・・・すごいわ・・・

なんかすごいわーー!

って感じながら見てた。

富士山ってなんかすごい。特徴的な形だけど美しさを感じる。

富士山を見ていると、僕が星空を見て「なんかいいわー」って感じるあの感覚に陥る。

多分、どこかに美しさを感じているんだと思う。

なんか良かった!

・・・。

夜ご飯を食べに行こうと、近くの「ほうとう」専門店に行くことにした。

ほうとうとは、山梨県の郷土料理らしい。うどんみたいなやつ。

ん?(´・ω・`)?

ヤマナシ県なのにフジサンはあるんだな・・・。

ほうとう。

うめーー(*´Д`*)

たっぷり食った。

女性には食い切れん量だと思う。

・・・。

ちょうど花火大会みたいなのをやっていたので、めちゃくちゃ寒かったけど、花火みた。

わかりづらいけど、この打ち上げ花火の背景には夜の富士山が映っている。まさに絶景ポイント。

絶景ポイントなのに人は全くいなく、他には写真撮影が目的と思われるおじさんが二人だけいた。

ものすごく寒かったけど、でもなんか良かったなぁ。

花火を見て綺麗だなーと思えるようになるとは、僕は少し変わったのかもしれない。

・・・。

この後ホテルへ歩いて帰った。3.5kmくらい。

今日の合計歩数は2万歩ほど。

歩くのが好きなので全然苦ではなかったけど、寒さを舐めてた。

せっかく手袋とかユニクロのダウンとか持ってきたのに、そんな寒くないだろと思ってホテルに置きっ放しにしてしまったし。これは次回に活かさねば!

帰り道、セブンで色々と買い込んでダラダラモードに。

このダラダラ時間がいいんだよね。

あと、最後に、彼女ができました。

もう年齢的にも最後の彼女だろうな。

仕事で色々運の悪いこととか重なって疲弊してたけど、その分の良いことがあったので、浮き沈みはあるけど人生やっぱ悪いもんじゃないなーと思った1日だった。

スポンサーリンク

日記に共感頂けたら、シェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

関連記事


スポンサーリンク