悪性の羨望

安全確保支援士の勉強は今も続けているが、時間に余裕があるというのに、平均して1日1時間しかやれていない。

文章が長くて難しく、1問を解くのに長い時間がかかるため、応用情報の勉強をしていたときのようにはやれていないのだ。心が燃えていない。

試験まであと2か月なのだがこのままだと高確率で落ちるなぁ(;´Д`)

まぁ元より2年以内に受かればいいかな、と思っているので、別に落ちてもそんなに困らんのだけど。

立て続けに難関資格をゲットしてしまうと、客観的な証明として「難易度が高い資格を連続で取得可能なそれなりの知識と学力がある」とみなされて、そうするとより難易度の高い仕事を振られるようになってしまうデメリットもあるんだよ。

なので程々のスパンで取得するほうが好ましいかもしれない。

それに万が一、嫉妬でもされたらめんどくせーしな。

事実、某大卒の方が何度も応用を受けて落ちて諦めたところに、専門卒の僕なんかが一発で受かった事実を知ったらしく、なんかモヤ~ンとした空気が流れたような、流れてないような、そんな感じを受けたし。

それは良性ではない悪性の羨望なのである。

まぁ逆の立場で資格に執着していたらモヤモヤっとするかもな。

IT企業にありがちだけど、うちの会社も漏れなく一定以上の資格(応用以上)を持たないと絶対に上に行けないから、出世欲のある人ほど辛いと思う。

お昼ご飯。

例の難易度の高い仕事の件、ようやく一山、いや、ふた山ほど乗り越えられた。

自画自賛だが、まぁまぁの期間でまぁまぁの道を切り開いたかな、と思う。

ゴールは見えてきたので、あとは見えているハードルを乗り越えるだけだ。

まぁこれからが本番なんだけどさ。

でもまぁ、ここまで来れてちょっとだけ自分に自信がついたかな。

モチベを保ってやり遂げたいところ…。

夜ごはんは肉じゃがカレー。

濃厚でウミャッス!!!!!!!!!!

コメント