話下手でも少し慣れてきた

二週間に一度のペースでやっている進捗会議。

まぁさすがに話下手な僕もある程度慣れてきた。

以前までは原稿的なものを事前に作って、それをそのまんま読んでいたのだけど、緊張もしなくなったからアドリブでスラスラっと答えられるようになった。

これは成長ではない。

僕は話下手とはいえ、社会人を17年はやってきたから、まぁある程度はできるのだよ。ある程度は。

問題は人見知りの緊張しいの性質である。

あまり見慣れていない間柄だと、なんか視線が気になってしまって、話しているときにも「あ・・・見られてる・・・」なんて注意が行ってしまって、そして緊張状態に陥って集中が途切れ、頭の中が真っ白になる。

それが僕の失敗パターンだ。

対策はお互いにある程度知れた間柄にならないとダメなのである。

難しい性質を持ってしまったものである。

ある。ある。ある。

夜ごはんは肉そばと肉じゃが。

ウミャッス!!!!!!!!!!

そういえば進捗会では、例の先輩が自分の案件を一切進めていないことが判明して噴き出しそうになった。

課長から進捗はどうですか?と聞かれ、

「うん。何も進んでないよぉ。」

って、さらっと言うあたり、さすがだなぁと思った。

コメント