連絡を待つおじさんの休日

朝の6時に起床。

昨夜、意中の女性に「僕と~へいきませんか?」と連絡したのだが、朝になるまで連絡が来ることはなかった。昼ぐらいには来るかな、と思っていたけど、夜になっても来なかった。

これは…もう…だめだな…。

本気で好きだったわけじゃないけど、なんか会っているうちに「なんか僕にないものを持ってるなー。僕より頭良さそうだなー。堅実だなー。」とか色々発見してきて、そんでだんだん好きになりかけてきたってところで、これだもんな。

多分、僕とは逆だろうな。僕のことをはじめはなんか良さそうだなと思ったものの、なんか会っているうちに「なんかこいつアホだな。天然のアホ。なんか違うなコイツは。」と思われて見切られたのかもしれない。

正直諦めムードが漂っている。女性から見限られたらそこから「彼氏にしてもいいゾーン」に行くのはかなり無理があるんだよね。まぁ「生理的に無理ゾーン」ほど絶望ではないにしろ、見限られると、もう…。

29歳の頃、超好きだった彼女に振られるという、死ぬほど辛い大失恋をしたことが1度だけあるが、そこまではいかないものの、なんか好きになってきて付き合いたいなぁとか思い始めてただけに、これは辛い…。

なんかダメだなー。チャンスを物にできねーんだよな、僕は。顔の割に意外と寄ってくれる女性がいるのに、どれも成功せずに終わる。なんてこったいっすよ。いや、まだ終わりが確定したわけじゃないけど、でもたぶん…僕の経験からするに…これはもう…。

そんなこんなで今日は1日中テンションがあがらなかった。

二度寝を繰り返し、有料自習室で時間を潰してた。まぁ、テンションの割には意外と生産的なことはできてたかも。

ipadで本を読んでいたのだけど、ipad活用術!みたいなのでipadを活用したくなったり(帰りに前々から欲しかったApple Pencil買っちゃったし…)、帰宅してからは中学の時の日本史を読み返したりしてたし。

地理も世界史もそうだったけど、日本史も「覚えなくていい前提」で読むと結構面白い。

へーこれこれこーだからこんなことがあったのかーとか、わかったりするからさ。大化の改新とかそーゆー理由だったんだーへー、って感慨深く読めるんだけど、何も見ないとパッと説明はできないので、暗記はできてないって感じ。

口で説明できるようになって初めて暗記したって言えるんだろうかね。

中学んときは大化の改新は645年!なんとキレイな平城京!泣くようぐいす平安京!!とか、意味のない暗記ばっかしてたっけな…。

まぁ暗記が苦手だったのでテストはいつも100点満点で30点か40点しかとれなかったんだけど。当時は死ぬほど興味なかったからな。今は好奇心で読めるんだけどね。

夜ご飯。

例の女性からの連絡は待てども待てども来ず。Lineに既読ついてるのに。。。嗚呼…辛い…。失恋の気分味わうの数年振りな気がする…。

玉砕覚悟で告白してみようかな、と思っていたけど、返事が来ないと始まらないので、返事の内容次第で決めるか…。

はぁ…やっぱり人生は楽じゃねえよ。戦うとこれだもんな。まぁ、今後も僕は戦うけどさ。逃げてばかりは楽だけど何も始まらねーしさ。まぁ辛いんだけど…。

スポンサーリンク

日記に共感頂けたら、シェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

関連記事


スポンサーリンク