スーパー残業地獄

スーパー残業地獄期間突入。

連日、帰宅が0時になるという地獄。すげー辛い…。

残業するにしても残業の種類によって疲労度って大きく変わると思うんだけど、常にこう調べたり考えたりしながらやらないといけないのと、「間違ってたらどうしよう…」といったプレッシャーも常に感じているので、メンタルがゴリゴリ削られていくからすげーつかれるんだよね。

僕が終わらないと後工程のベンダーが仕事出来ないのだけど、僕側の作業のリミットが目前に差し迫っててマジで危なかった。連日残業してなんとか終わらせた…。

多分、ざっと見直した感じは大きなミスはないけど、事前に先輩に「この設定をするときはこうしておかないと取り返しがつかなくなるよ」と言われていたことを完璧に忘れていて、まさに、取り返しのつかない状況に陥ってしまった。

あっ (  Д ) ゚ ゚

あああああああああああああああああああああああああああ!!!

って思ったけどすでに時遅しで、タイムリミットが目前だったので今更1からやり直すこともできず(出来るけど徹夜確定になる)、オロオロしながら誤魔化す方法はないものかと思案するもすぐバレるところなので誤魔化すのはリスクが大きすぎると判断し、正直に「こういう作りになっちゃいましたけど良いですか?」と言ったらお客さんは「全然だいじょうぶだよ」と言ってくれて、心の奥底から安堵したのであった…。まじでクソ焦ったぜ…(;´Д`)

まぁそのミスってのも、人によってはミスとは思わないような仕様の範囲のものだから気にしなかったみたいなんだけどさ。たまに物凄く細かいお客さんがいたりするから焦るんだよな。まじで心臓に悪いよ。

しっかしまぁ、前の会社の元SEが言ってた事を最近思い出すようになったんだけど、「うまくいくかわからない案件が長期的に続くと病むよ」と言っていた理由がよくわかるようになったよ。

帰宅してからも仕事のことを思い出して「あれで良かったんだろうか…うまくいくんだろうか…」とか考えて疲弊するし。仕事はその日で終わるようなものが一番いいわ。

まぁ無事に初めの山場は乗り越えられてよかった。

そして来週も引き続き残業地獄へ…。嗚呼…嫌だなぁ…。


夜、ドンキホーテで買い物してたら変なおっさんが30才くらいの女性の店員に、

「いらっしゃいませ」って言われなかったことに腹を立てたのかクレームを付けていて、思わず耳を疑ってしまった。店員さんもポカーンとした感じだった。

あのクソみたいなおっさんは「お客様は神様」だから「自分は神様。店員には何を言ってもいいのだ」と信じているんだろうなぁ。客は神様でもなんでもない、ただの客なのにな。

一週間乗り切った…。

休日も仕事入ってるけど、その仕事は単発だから問題なく終わるだろう。残業代稼ぎに行こう。金無いし。

スポンサーリンク

日記に共感頂けたら、シェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

関連記事


スポンサーリンク