鎌倉へ旅行行って色々と見て回って最後は横浜の高級なホテルに実質無料で泊まって

奥さんと1年と1か月振りとなる旅行に行ってきた。

…1年振りってすごいな…。

結婚前は「2か月か3か月に1度は旅行に行こう!」とか言っていたのだけど、結婚してすぐにコロナの野郎が来やがって、それで全然旅行に行けなかったんだよね。

旅行行ったところでコロナにかかることもなさそうだし、GO TOキャンペーンの恩恵もあるしで、折角なので行ってみることにしたよ。

今回の旅行は一泊二日で下記をする予定。

・鎌倉で食べ歩きや散策

・横浜駅の高級ホテルに泊まってだらだら

・中華街で食べ歩き

数年前、鎌倉に旅行に行ったときは、平日でも結構な人で溢れていた「小町通り」。

今じゃコロナの野郎のせいで人間の数はとてつもなく減っていた。

体感でだけど1/4か1/5くらいにまで減ってたよ。

ってことは、どのお店の収入も半分以下になっているってことだろうし、コロナが与えた観光業へのダメージは測り知れないな、と思った。

鎌倉と言えば食べ歩きである。

この団子、めっちゃうまかった。

僕も奥さんも団子が好きで、奥さんなんてちょくちょくスーパーで高級な団子を買ってくるよ。

2本で400円もするようなやつをコッソリと…。

からあげ。

アジフライ110円。

110円とかやっす。

利益出るのか勝手に心配してしまった…。

あとここにいった。

源頼朝がうんたらかんたらっていうお寺。

知ってるかい?

源頼朝ってイイクニツクロー鎌倉幕府の関係者なんだぜ?

まぁ、鎌倉幕府が1192年にできて、源頼朝が関係していた、くらいしか知識無いけどね。

中学時代、歴史に死ぬほど興味がもてなくて、勉強らしい勉強といえば試験日の直前に理屈とかを一切考えない丸暗記のみで挑んでいたので、もはや脳からキレイさっぱり消えているのである。

源のなんちゃらかんちゃらって色々いると思うけどさ、僕が覚えてるのって「源頼朝」と「源義経」くらいだからね。

やべ~~~よな。

いややばくはないな。

実生活で全く困ってないし。

源のなんちゃらを知ってたところで何かいいことあんのかよ。

フンッ (´・ω・`)=3

寺をあとにして、海をみることにした。

この奥にある踏切のあるところ、見覚えある人多いんじゃないかな?

ここ、スラムダンクのオープニングにあった踏切なんだよ。有名なシーンのやつ。

思い出してみれば中学1年のころはスラムダンク全盛期で、なんとなくかっこいいなぁ!なんて思ってバスケ部に入ったっけな。

まぁ理想と現実は違っていて、1年しないで辞めちゃったんだけどね。

3年間練習したところでどうせ僕は補欠にすらなれないくらい球技の才能がないので、辞めておいて良かったと思うけど。

その後に陸上部に入ったのだけど、中学3年までいても陸上の先生に最後まで名前を覚えられなかったのは良い思い出だよ。

僕はスーパー運動音痴。

(´・ω・`)

あとはなんか極楽寺とかいう駅に降りて写真だけとって、疲れたのでホテルに泊まった。

横浜駅目の前にある高級ホテル。

GOTOキャンペーンで二人で3万円ちょいのところが2万円くらい。

でも楽天マラソンで溜まってた楽天ポイント15000ポイントあったのと、なんか知らんけどキャッシュバック的に5,000円商品券みたいなのをもらったおかげで、実質タダみたいなもんである。

ただで泊まれるなら奮発しちゃおうか!ってことで、なんかこんな感じの風景が見える高いホテルに泊まったよ。

まぁ広いね。

でもあれだね、正直な感想として、ホテルに居住性を求めちゃだめなんだなって感じだね。

自宅に比べて良いところは窓から見える景色とロケーションのみで、はっきり言って住み心地は段違いで自宅のほうがいいよ。

安いところも含めて色々泊まったけど、1日泊まると「早く家帰りたいなぁ…」って思ってくる。

寝なれないベッドや枕の高さもなんかいまいち合わないし、なんかなぁ~って思っちゃうよね。

最上階の部屋で横浜市を一望できるのは良かったんだけど、一分見たら飽きたからね。

景色なんて見るのは一瞬だけなのでそんなもんに高いお金出す価値はないかな…。

朝ごはんっぽい夜ごはん。

軽食のみ付いていたのでこれを食ったのだが、夜ごはんとしては正直物足りない。

もっとこう、牛丼とかカツどんとか、そういうのが食いてえ!!って気持ちになった。

なのでファミマ行ってファミチキと肉まん買ってきたよ。

あとは寝るまでずっとスマホでYOUTUBE見てた。

高級なホテルだったけども、なんかベッドもうちにあるやつのほうが多分いいやつだし、なんか今一寛げずに不完全燃焼な感じで夜を過ごした。

疲れがたまったので明日は早めに切り上げて快適な我が家へ帰宅するかもしれない。

コメント