筋トレ5か月目 ディトレーニングで筋力低下発生。筋肉低下に伴い体重も減少。

筋トレ5ヶ月経過後の体型

IMG_259720160903kintore IMG_260020160903kintore IMG_260220160903kintore

先に書いておくと、この1か月間はほとんど筋トレをしていない。

理由はディトレーニング(休息)を取り入れたから。

東大の筋肉教授である石井直方さんの本によると、

A:週に2回筋トレしたグループ

B:6週間の筋トレ後、3週間の休息を繰り返したグループ

の2つのグループで実験したところ、6か月後の筋肉の太さ・筋力はほとんど同じだったそうだ。

だとすればBグループのように6週間の筋トレ後に3週間の休息を取り入れたほうが遥かに効率的なわけなので、楽をして効率よく筋トレしたいと考えている僕にとってベストなやり方だと思い、試しているって感じだ。

まぁ休息期間中に筋肉の太さ・筋力は低下してしまうものらしいけど、筋肉の性質上、マッスルメモリー(筋肉の記憶)という便利なメカニズムがあるので、そう時間はかからずに最大値までは戻るっぽいです。

具体的には8月10日~29日までの約3週間、休息を取り入れた感じ。わずか3週間の休息だったのに筋力はそこそこ低下。

先月頭にはベンチプレス70kgが8回上がっていたところが、休息開けに試したら70kg x 3回しか出来なくなっていました。

ラットプルダウンも65kg x 10回出来たところが6回しかできず。

おまけに翌日は凄まじい筋肉痛に襲われ、全身がダルダルに。

どのくらいで以前までの筋力まで戻るのか、少し楽しみ。記録しているので来月には公表できるかな。

始めたばかりの頃の写真は下記を参照していただければ。

筋トレ1ヶ月半の体型
筋トレ始めたばかりの頃。3月終わりくらいか。 体脂肪率20%くらい。身長171cm、体重64kg。お腹がちょっとぽっこり。服を着ればわからないけど、脱ぐとだらし無い体型である。 ちなみにこれでも力入れて取ってます…。 ...

5ヶ月経過後の数値

201605kinniku001

 項目4月2日5月1日6月2日7月2日8月4日9月3日
体重63.8kg66.1kg65.8kg67.3kg68.2kg66.9kg
骨格筋量28.7kg29.7kg30.3kg30.2kg30.8kg29.9kg
体脂肪量(kg)12.9kg13.3kg12.1kg13.4kg13.5kg13.7kg
BMI21.822.522.52323.322.9
体脂肪率20.2%19.4%18.5%19.9%19.8%20.6%
計測機器は高性能なInBodyにて。測定は筋トレ前に行ってます。身長は171.6cmです。

体重が-1.3kgになったものの、これは単純に喜べるものではありません。ディトレーニング(休息)をしたために筋肉が落ちた結果だからです。

骨格筋量の数値を見ると、先月に30.8kgだったものが29.9kgと、なんと3か月前の数値に落ちてしまっているので。

「体重が減った」

とは言っても、それは筋肉が落ちただけであって、脂肪の量はほとんど変わっていません。なので相対的に体脂肪率が上がってしまっています。

女性が食事制限で痩せようとする話をよく聞きますが、その結果体重が落ちたからと言っても、それはただ筋肉が落ちているだけなので注意が必要です。

筋肉量が落ちれば代謝も減るのでどんどん太りやすい体質となってしまい、結果としてリバウンドを起こしやすい体になってしまうわけです。

長い目で見れば、やはり痩せるには運動(筋トレ)が一番です。短期的に痩せようとして食事制限をするのは、あまり賢い選択とは言えない気がします。

しかしたった3週間の休息でここまで筋肉が落ちるとは想定していなかったな…。

感想

とりあえずはやめに先月頭までの筋力を取り戻したいところ。

一週間もあれば戻るのかと思っていたが、まだまだ全然戻っていない感じだ。

このディトレーニングが成功すれば、辛い筋トレをより効率よく楽に行えるようになるので、ぜひ成功させたい。

今後も注視して長い目で筋トレしていく。