苦手だったあの人

日記に共感頂けたら、シェアして頂けると嬉しいです。

昔は苦手だった人とペアで朝からずっと仕事。

その人、昔は苦手だった。

僕が配属されたばかりの頃、年齢に対するITスキルの無さに驚いたのか、僕のいないところでヒソヒソ話をしていたし。

ひそひそ話が気になって頭から離れない
僕の気にしすぎる性格、どうにかならないものか…。 僕の席の真ん前でヒソヒソ話が展開されていたのだが、他人の...

これ書いたときは「僕じゃないかもな」なんて思っていたけど、書いたあとにやっぱり僕だろうな…と、悪い方向に思い直した。というかまぁ、あの状況だと僕宛に言っているのは間違いなさそうだ。

あれから8ヶ月もの月日が流れたのか。

今ではすっかりと職場に馴染み、その人とも普通に会話し、飲み会があれば誘われ、断っても「来ればいいじゃん!」と誘ってくれるまでになった。

有給使いなよ、とありがたい言葉ももらったり。

無遅刻・無欠勤で大きなミスもなくなんでも積極的にやってきたのがちょっとずつ僕に対する評価が変わってきたんだろうとは思う。

まぁ今日、一緒に仕事していて何度かうつらうつらしてしまって注意されたのが失敗だったが…。

もっと集中しろ!と怒られてしまった。気をつけねばならない。

それと失言もしてしまった。

その人が計画した仕事の中に僕が含まれていたのだが、「その作業一人でできませんか。僕いても意味なくないですか。」などと言ってしまい、がっかりさせてしまった。

その人が作業の流れを色々と考えてた上で複数人必要という考えだったのに、それをあまり考えずにいきなり否定してしまって、なんか変な空気になった。

僕の悪い癖で、あまり考えずになんとなく思いつきで発言し、結果失敗するというよくある事例である。気をつけたい。

夜は飲み会。主役は別にいたので、僕は誰と話すでもなくヒッソリと隅っこで会場全体を眺めるような感じでぼーっとしたり、スマホを弄ったり、トイレに行くフリをして外に出たりし、時間が経過するのを待っていた。

帰宅してからは寝るだけだった。ゲームやりたい。土日にガッツリやろう。

スポンサーリンク

日記に共感頂けたら、シェアして頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク