友人と遊んでも大体ゆるい遊びしかしていない

IMG_0986

昨夜は稲田堤駅にある友人宅に泊まってきた。

別に何の用事もない。ただ、ゆるい時間を共有したくて、ゴロゴロしに行っただけだ。

僕は他人とゆるく、だらだらと、まったりと、ごろーんと過ごすのがとても好きだ。

小学生、中学生の頃に、何の予定もないのに適当に集まってダラダラと友達と遊んだ時のあの感覚がとても好き。

用事がなくても集まってもいいと思う。集まるのに理由なんてなくて、ただ、同じ時間を共有していればそれでいいと昔から思うのだ。何度も日記に書いているかもしれんが。

「とりあえず行くわー」

って感じで、気軽に集まれるようになりたいなぁ。

昔は友人同士、物理的な距離がすごく近くて、徒歩10分とか離れていても自転車で15分以内とか近い距離だったから気軽に会えたんだけど、上京して働くようになった今は、一番近い人でも電車で30分~1時間で、人によっては電車で3時間~4時間くらいかかるようになってしまって、何かイベント事でもないと気軽に会えなくなっちまったもんな・・・。

物理的に距離が離れると気軽に会えなくなるのが寂しい。

ネットが発達した今はLineとかスカイプとかで繋がってはいれるけど、それだけだとやっぱり寂しい。同じ場所で過ごすってのが大事だと思う。一緒に時間を過ごすと、ある種の幸せに似たような、心の満足感を得られるからね。

やっぱり僕は寂しがりやなんだと思った。

IMG_0987

中学生~高校生の頃は毎週見てたカウントダウンTVを久しぶりに見た。

ランクインしてる曲とアーティストの98%が知らなかった。まるで未来にエスケープしたかのような錯覚だったよ。

年取ると自分より若い人間が作ったモノに興味が持てなくなるんだよね。曲しかり、ブログしかり、本しかり。なんとなく認めたくない、みたいな。小さいかもしれんけど。

コンビニで買ったお酒とお菓子をつまみながら、お互いの近況を話したり、独身でいくのか結婚するのかと言ったことを話したりして、適当に過ごした。

ちなみに寝るときに「寝床、ベッド使う?」って言ってくれたので、遠慮なくベッドを使わせてもらった。家主の彼はコタツに寝ていた。

僕はあんまり遠慮をしらない人間なのである。

IMG_0988

そんな感じで、朝方に帰ってきたよ。

帰りに松屋によって、500円の牛定食を食べて、家に帰宅した。

・・・こんな感じのゆるく集まれるオフ会とか、個人的に楽しそうだなーって思った。そーゆーのも将来的にやってみたいな。

スポンサーリンク

日記に共感頂けたら、シェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

関連記事


スポンサーリンク