コロナによる強制テレワークで物凄く生きやすくなった

歯医者行ったりニトリでカーテン注文するのに新宿行った。

人間の数は緊急事態宣言後と比べればいるものの、コロナ前と比べれば1/3程度くらい。

僕の乗る電車はまぁそんなに混んでもないけど、友人が利用する南武線などの電車は帰宅ラッシュ時間帯などでは肩と肩がぶつかるくらい混んでるみたいだ。

それでも乗車率はコロナ前と比べれば数十%減ってるっていうんだから、いかに東京の人口が多いかがわかるよな

田舎者で、人混みに耐性のない僕が、専門学校を卒業してからず~~っとこんな人間だらけの街で無理しながら暮らしていたけど、正直言うとコロナによってものすごく生きやすくなったよ。

僕は化学物質過敏症でさ、他人の柔軟剤やタバコのニオイを一定量以上嗅ぐと息苦しくなって頭痛とか起きたりしたりさ、神経質だから仕事中の他人の咳払いとか貧乏ゆすりとか気になるしさ、他にもなんかこう集団生活の中で生きづらい要素を色々と持っていたわけよ。

ところが今はどうよ。

快適な家で、僕の体に有害な柔軟剤やタバコのニオイを感じることもなく、一人だから対人間のストレスを感じることもなく、通勤などという無駄な労力もない…。

ほんとに、実に快適だよ。

リーダー含めて先輩達はいい人達ばっかりだし、この環境のままなら定年どころか嘱託社員として75歳まで働きたいよ。

給料も多くは望まないから、あと50万円くらい年収であがったらそれを維持できれば何も文句はない。

コロナが収束するまでの間に多くの企業で働き方改革・テレワークが定着して社会全体として「在宅ワーク・時差出勤」が浸透しますように。

心から願っている。

夜ご飯は生姜焼き。

ウミャッス!!!!!!!!!!

コメント