転職活動は辞めて、今の会社で働き続けるという選択をした

ここのところ1ヶ月ほど、転職をするかどうかで自問自答し続けていた。

転職するかもしれない
仕事を辞めたくて仕方がない。理由はいくつかあるが、一般的によく言われる人間関係や業務量、給料への不満と言うわけではない。...

現在32歳。もうすぐ33歳。今の会社くらいマトモな企業への転職を考えるなら最後のチャンスの年齢だ。前も書いたが、転職を考えるきっかけになった理由は色々とある。

年齢的に夜勤も辛くなってきたし、長年携わったプロジェクトが終了になったことや、願っていた部署への異動が数年はおあずけと知って意気消沈してしまっていたり、新しいプロジェクトが始まることに対しての不安、大した興味もない事を日々勉強し続けられるかの不安等など…そういった色んなタイミングが重なったこともあって転職活動をしていた感じだ。

ここ1ヶ月くらい本当色々悩んでいた。今と同条件の会社に移れなくともランクを落として楽な仕事に移るだとか、田舎にUターンして実家から通える会社を探すだとか、あるいは仕事自体を辞めて楽そうなアルバイトでもしたり、最終的には小屋暮らしまで検討したりもしていた…。

でもどれも僕にとっては、現状においては人生をより良くするための選択肢にはなりえそうになかった。安定した今の会社を捨てて、条件を下げてまで働いたりするのは後悔を抱えて生きることになりそうで。

勿論理想としては、今の会社よりも大きくて条件が良くてやりたいことのできる会社に移ることであったが、これまで大した経験もして来ず、大したスキルもなく、学歴も専門卒な僕にとっては、今よりも良い条件にありつくのはなかなか厳しい、というのが現実だろう。実際、目ぼしい企業へ書類を出しても通らなかったしな。

とりあえず現状の不満は具体的に3つ。夜勤が辛いこと、やりたいことができていない事、有給が取得し辛い事の3つなのだが、それらは数年で解決出来る見込みなので、他に大きな不満はないことからも今の会社でお世話になっていくのが現状はベストだろうと判断した。

それに資格試験に合格したことで昇進することも出来るし、現状で不満のない給料がさらに貰えるようになると考えると、やはり恵まれた環境であることは客観的に間違いないだろう。

有給も年間で考えれば7日~8日は使えているので極端に少ないわけではないし。これまでの会社では年間12日~15日は使えていただけに不満に感じているだけかもしれない。

まぁ今回色々悩んだ末、少し動いたりした上で現状維持という結論に至ったが、これはこれで良い選択をしたのかな。決断してから、心のモヤモヤというか、わだかまりのようなものが取れて、今は前を向いて仕事ができるようになれたのは僕にとってかなり大きいと思った。

今回何もせずに悶々と日々を過ごして、取り返しのつかない年齢になったときに、「あの時行動していればよかった」というのは僕にとっては絶対にしたくないので、今回の転職活動や人生をどう過ごしていくかを考えたことは、僕にとって必要な時期だったのかもしれない。

今後も何かに差し掛かった時、僕なりに色々考えて行動していきたいと思う。誰のためでもなく、全ては僕のためである。

スポンサーリンク

日記に共感頂けたら、シェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

関連記事


スポンサーリンク