独り言

スポンサーリンク
過去の話

精神の成長…今思えば僕の自我が確立したのは遅かった

今日は何もしていない休日。 一歩も外に出ていない休日。 人間と一言も会話していない休日。 そんな1日もたまになら悪くはない。 …学生の頃に最大で2週間引き篭もってネットゲームしていたことがあるのだが、あの頃は...
独り言

頭の回転が遅くて会話についていけなくなる

僕は人一倍頭の回転が遅い。 理解したり、物事を時間をかけて分析したり、興味のあることに頭を働かすのは苦手ではないが、回転は自覚するほどに遅い。 だから基本的に何をするにも人よりも行動が遅い。 会話のスピードも遅いし...
独り言

やりたいことが色々あるけど会社勤めだと中々厳しい

この歳になってやりたいことがいくつか出てきたんだけど、どれも時間がないと余裕をもってやれないことだらけで、実現するのは無理ではないけど少し難しい。 月の残業時間は平均して10時間もないが、8時間仕事するだけで体と精神はヘトヘト...
独り言

もう暫く働くことに決めたよ

9時半に起床。8時間は寝たと思う。超スッキリ。 朝食にこんがり焼けたトーストにピーナッツクリームとバターを塗りたくり、カフェオレと共に貪る。 久しぶりのピーナツクリームが美味しかった。 朝食は大体パンなのだが、パンの上に乗...
独り言

心変わりなんてしないと思っていたのに

まいった。 僕の中では色んな事に踏ん切りつけて、結婚や安定した生活等、いわゆる普通のレールから外れることに悩みに悩みまくった上で決断し、今後の人生をどう歩みたいか自分と向き合って気持ち悪くなるほど考えていたのに、またここへ来て...
独り言

退職の意向を伝えた

始業して早々に上司に「お話があります」と伝え、会議室のようなところで待ち合わせし、開口一番に退職の意向を伝えた。 上司は驚いていたが、想定の範囲内という反応でもあるようだった。ここのところの僕のやる気のなさからすれば想定してい...
独り言

会社への執着を捨てる

あああああ!! 仕事クソだるかった…。 辞めると決心した途端、何もかもが面倒くさくなってきたよ。 まぁ元々与えられた仕事以外やらなかったけど、今では与えられた仕事さえ面倒くさくて仕方がない。まぁお金もらっている以上...
独り言

3年前の僕が今の僕をみたらどう思うんだろう

5時間程度しか睡眠が取れなかった。 昨日は仕事の不安からか抗うつ薬を飲んでいたため凄まじい眠気が残っていた。(副作用) 「会社サボろうかな…」 起きた瞬間、それしか頭に無く、サボるために会社のスケジュールを確認した...
独り言

くもり空の荒川沿い

休日は人間であふれる荒川沿いも、平日かつ雨が振りそうな天気だと鬱陶しい人間がほとんどいなくてすこぶる快適だ。 冷たい木枯らし、どんよりとした曇り空、人気を感じない空気、僕の好きな環境だ。 ダウナーな性格の僕は、晴天よりも...
独り言

心に響けば良くも悪くも未来は変わる

ひょんな事から知人に高級ロードバイクを譲ってもらった。ただでは悪いので25,000円払ったけども。 カイキさんの日記を見ていて「また自転車乗りたいなー。自転車欲しいなー。」と思っていた矢先の出来事である。 この自転車は僕の元に来...
独り言

迷惑かけるくらいなら

12時間くらい寝てた。 たまに何時間寝ても眠気の取れない日があって、今日がそれだった。 大体条件は決まってて、低気温、低気圧が揃うと高確率で何時間寝ても眠気が取れなくなるんだよね。 こーゆー日は体の欲求に従って何時間でも寝ていたいと...
独り言

僕のサボり癖

今年、会社をサボった回数は現時点で8回だ。 僕のサボり癖は昔からである。 20代の頃はなんとなく「30代になったら治るかな」なんて、根拠も無く思っていたけど、まぁ治るわけがないね。僕の魂に染み付いた性質だもの。 僕...
独り言

まるで猫のように

1日中テンションが低かった。まぁテンションが低いのは僕の常なんだけど、今日は一段と低かった。無気力である。 僕のテンションの低さは昔からで、今日のようにさらにテンションの低い時がままある。 表情はお面のように無表情。空気...
独り言

なんでも後回しにして問題を大きくしてしまう悪い癖が治らない

月に何度か会社に提出しなくてはいけない書類があるんだけど、かなりの確率で提出するのを忘れてしまう。 殆どの社員は期限内どころか、提出の話があった当日か翌日には提出しているようで、どういう脳の構造をしていたらあんな早く対応できる...
独り言

こんな暮らしが永遠に続けばいいのに

実家帰省二日目。 朝の7時に起床というか、叔父のタバコの臭いで目が覚めてしまう。 タバコはほんの少しでも気配を感じるだけで体が反応してしまうんだよな。 朝食にシーチキントーストとコーヒーを頬張りながら母と何気ない会話をする...
スポンサーリンク